現在位置:トップページ > 研修・セミナー > 衛生管理者・労務担当者等研修会



ここから本文です

衛生管理者・労務担当者等研修会

研修会の予定

受けたい研修にチェックを入れて、「申込み」ボタンを押してください。
申込が完了すると受付完了メールが自動送信されますのでご確認ください。
一度に受付できる研修は4つまでです。

開催時間 研修内容 講師 定員
平成30年 7月 24日(火) 開催
13:30
〜
15:00
‥尿病とフレイルの関連性について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
高齢化社会が進展する中で最近耳にすることがある「フレイル」とはどのような状態のことを指すのでしょう。糖尿病とフレイルの関連性について専門家が解説します。
堀川 幸男
(岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学 臨床教授)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
∀災認定の仕組みと判例から職場のメンタル支援を考える
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
会社でメンタルヘルス対策を進めるうえで気になることの中に、 メンタルヘルス不調者への接し方や復職時の対応等があります。労災認定の基準やこれまでの判例を踏まえ、会社がとるべき対策について解説します。
西尾 彰泰
(岐阜大学 保健管理センター 准教授)
25名
(余裕あり)
平成30年 8月 7日(火) 開催
13:30
〜
15:00
.好肇譽好泪優献瓮鵐箸箸靴討離螢薀奪ス法
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
心身のストレス反応とリラックス反応を考え、もともと心身に備わるリラックス反応を強化する技法を紹介します。
百々 雅子
(元山梨県立大学看護学部 教授)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
⊃場の同僚を守る応急処置
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
職場の危険有害要因や、労働者自身の持病等によって、職場で労働者が危機的な状況に至った際の対応は万全でしょうか。緊急時の救命措置やAEDの使用方法について、救急救命士がわかりやすく説明します。
伊藤 太一
(東海学院大学 健康福祉学部総合福祉学科 講師・救急救命士)
25名
(余裕あり)
平成30年 8月 23日(木) 開催
13:30
〜
15:00
ゞ表蠻啜ち置等の定期自主検査について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
作業環境管理を進めるうえで局所排気装置等の改善や適正な整備は欠かすことのできないものです。定期自主検査を確実に実施し、良好な作業環境を維持するためのポイントを説明します。
日比野 昇
(第一種作業環境測定士)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
健口は健康維持の要
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
口の健康を保ち機能維持することが、全身の健康維持に大きく影響することはご存知でしょうか。健口維持で健康維持のワンポイントを説明します。
萩谷 勅信
(本荘歯科 院長)
25名
(余裕あり)
平成30年 9月 20日(木) 開催
13:30
〜
15:00
(仮題)リワーク支援について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
メンタルヘルス不調による休職から職場復帰に向けた中間ステップとしての支援について事例を交えて解説していただきます。
 事業場における職場復帰プログラム作成のヒントとして是非御受講ください。
担当者
(岐阜障害者職業センター 障害者職業カウンセラー)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
⊃Π茲砲ける依存症治療の今後の展望(アルコール、薬物、ギャンブル等)
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
アルコールや薬物、ギャンブル等、今後の依存症の治療について、全般的な流れを解説していただきます
天野 宏一
(各務原病院 理事長)
25名
(余裕あり)
平成30年 9月 26日(水) 開催
13:30
〜
15:00
/場のメンタルヘルスケア
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
労働者がメンタルヘルス不調となることを未然に防止すること(一次予防)を目的とした「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度」等の活用により、労働者自身のストレスへの気づきを促すとともに、職場におけるメンタルヘルスに関する効果的な支援について説明します。
井上 眞人
(犬山病院 副院長)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
多発している腰痛の防止について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
腰痛障害は、社会福祉施設等の保健衛生業で特に多発しており、小売業や製造業、運送業でも多くなっています。不自然な姿勢や瞬間的に力を入れた時に発生している場合が多くなっています。腰痛予防対策指針に基づき簡易な実技を取り入れながら説明します。
中尾 守孝
(労働安全・衛生コンサルタント)
25名
(余裕あり)
平成30年 10月 10日(水) 開催
13:30
〜
15:00
‘き方改革における長時間労働の抑制について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
働き方改革などに関する改正法案、行政課題について説明します。また、過労死等防止啓発月間に向けた事業場で取り組むべき、長時間労働の抑制や過重労働による健康障害防止対策についても解説します。
担当官
(岐阜労働局 労働基準部  監督課)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
⊃臾仮祿欧搬弍について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
睡眠と精神障害との関連を分かりやすく解説し、症状に合わせた対処方法などを説明します。
植木 啓文
(岐阜県総合医療センター 精神科部長)
25名
(余裕あり)
平成30年 10月 23日(火) 開催
13:30
〜
15:00
.魯薀好瓮鵐繁瓢澆醗多瓦靴篤ける職場環境の整備について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
セクシャルハラスメント等、ハラスメントのない安心して働くことができる職場環境を整備するために企業が取り組むべき対策について、事例を交えて解説します。
担当官
(岐阜労働局 雇用環境・均等室)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
⊃場環境改善(工学的改善)のための職場巡視のポイント
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
職場の作業環境の改善方法など、衛生工学的な側面も加え、わかりやすく説明します。
山岡 紘
(労働衛生コンサルタント)
25名
(余裕あり)
平成30年 11月 2日(金) 開催
13:30
〜
15:00
,笋気靴は基法・安衛法のポイント「過重労働解消に向けた重点ポイント」
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
11月は「過労死等防止啓発月間」であり、厚生労働省は、過労死等の一つの要因である長時間労働の削減等、過重労働解消に向けた集中的な周知・啓発等の取組を行う「過重労働解消キャンペーン」を実施します。
 過去に公表された労基署の監督指導事例等を紹介し、過労死防止、長時間労働解消に向けて、産業保健スタッフが知っておくべき労働基準法・労働安全衛生法等の関係法令や指針、関連通達など基礎的な知識を説明します。
横田 高光
(岐阜産業保健総合支援センター 労働衛生コンサルタント)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
⊃場の同僚を守る応急救命処置について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
職場の危険有害要因や、労働者自身の持病等によって、職場で労働者が危機的な状況に至った際の対応は万全でしょうか。緊急時の救命措置やAEDの使用方法について、救急救命士がわかりやすく説明します。
伊藤 太一
(東海学院大学 健康福祉学部総合福祉学科 講師・救急救命士)
25名
(余裕あり)
平成30年 11月 22日(木) 開催
13:30
〜
15:00
ーN鼎反Χ叛験茲領称支援のためのガイドラインについて
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
平成28年2月に厚生労働省が公表した「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」の内容を中心として、事業場で取り組むべき両立支援対策等について、説明します。
労働衛生専門職
(岐阜産業保健総合支援センター )
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
⊃生活と糖尿病について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
糖尿病は、食習慣、運動習慣などの生活習慣が、その発症・進行に関与する生活習慣病の一つで、放置した場合には命にかかわることもあります。食生活等の生活習慣の改善について、専門医が詳しく説明します。
堀川 幸男
(岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学 臨床教授)
25名
(余裕あり)
受けたい研修にチェックを入れて、「申込み」ボタンを押してください。
申込が完了すると受付完了メールが自動送信されますのでご確認ください。
一度に受付できる研修は4つまでです。

このページの先頭へ戻る


Copyright(c)Gifu Occupational Health Promotion Center All Rights Reserved.