現在位置:トップページ > 研修・セミナー > 衛生管理者・労務担当者等研修会



ここから本文です

衛生管理者・労務担当者等研修会

研修会の予定

受けたい研修にチェックを入れて、「申込み」ボタンを押してください。
申込が完了すると受付完了メールが自動送信されますのでご確認ください。

(一度にチェックする数は10個までにしてください。それ以上チェックされますと、正常にデータが送れない場合があります)

開催時間 研修内容 講師 定員
平成30年 2月 22日(木) 開催
14:00
〜
16:00
〇業場におけるがん対策の推進 -がん検診から両立支援まで-
(開催場所:じゅうろくプラザ5階小会議室)
平成28年度に実施した「産業保健調査研究」の結果から、岐阜県内の事業場のがん対策の現状について解説し、がん検診受診率の向上やがんに罹患した労働者の両立支援に関する課題の克服に向けた取り組みについて説明します。
梅津 美香
(岐阜県立看護大学 教授)
35名
(本日開催)
平成30年 3月 7日(水) 開催
13:30
〜
15:00
/場のメンタルヘルスケア
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
労働者がメンタルヘルス不調となることを未然に防止すること(一次予防)を目的とした 労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度」等の活用により、労働者自身のストレスへの気づきを促すとともに、職場におけるメンタルヘルスに関する効果的な支援について説明します。
井上 眞人
(犬山病院 副院長)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
安全衛生管理計画作成のポイントについて
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
事業場内で健康確保や労働災害防止を推進するうえで重要となるのが、安全衛生に関する管理計画です。4月を毎年度のスタートとして計画を作成する事業場が多いのではないでしょうか。安全衛生管理計画に盛り込むべき内容等、ポイントを説明します。
担当官 
(岐阜労働局 労働基準部 健康安全課)
25名
(満席)
平成30年 4月 11日(水) 開催
13:30
〜
15:00
\鎖晴覆砲ける診断手順とうつ病について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
うつ病に対する理解を深める一つとして、精神科医がメンタルヘルス不調者を診断する際の手順を解説します。 
黒川 淳一
(犬山病院 診療部長 名古屋経済大学特任教授)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
∧瓦犬鵑砲茲觴隻造遼瓢澆砲弔い
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
主に鉱物性の粉じんを吸引したことにより罹患する職業性疾病として「じん肺症」が知られています。また、石綿(アスベスト)粉じんによる健康障害(中皮腫など)は、大きな社会問題にもなりました。こうしたじん肺症にかかる根本的な治療はなく、最も重要なことは健康障害防止対策を徹底することです。粉じん発生職場における適切な管理対策について説明します。
丸井 悦男
(岐阜大学工学部 名誉教授)
25名
(余裕あり)
平成30年 4月 26日(木) 開催
13:30
〜
15:00
.好肇譽好泪優献瓮鵐箸箸靴討離螢薀奪ス法
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
心身のストレス反応とリラックス反応を考え、もともと心身に備わるリラックス反応を強化する技法を紹介します。
百々 雅子
(元山梨県立大学看護学部 教授)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
糖尿病と食生活について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
糖尿病は、食習慣、運動習慣などの生活習慣が、その発症・進行に関与する生活習慣病の一つで、放置した場合には命にかかわることもあります。食生活等の生活習慣の改善について、専門医が詳しく説明します。
堀川 幸男
(岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学 臨床教授)
25名
(余裕あり)
平成30年 5月 9日(水) 開催
13:30
〜
15:00
,笋気靴は基法・安衛法のポイント(労働基準監督署の重点施策と労働行政の動き)
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
平成30年度労働基準行政の重点施策(過重労働による健康障害防止、化学物質における健康障害防止など)や第13次労働災害防止計画(平成30年度〜35年度)の概要などを説明します。
また、最近の労働行政の動き、監督官は何を臨検監督時に最重視しているのか、労基署の送検・監督指導事例などを踏まえ、解説します。
横田 高光
(岐阜産業保健総合支援センター 労働衛生コンサルタント)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
一般健康診断結果の見方とその活用について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
定期健康診断や特定業務従事者健康診断(暑熱、寒冷な場所での業務、深夜業務等、安衛則第13条2項の業務)の結果(判定)の見方(意味)について解説し、疾病の早期発見につながった事例等もベテランの産業医が説明します。
加藤 保夫
((一財)ききょうの丘健診プラザ 診療所 医師)
25名
(余裕あり)
平成30年 5月 22日(火) 開催
13:30
〜
15:00
]災二次健康診断について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
健康診断の結果、脳・心臓疾患の発症に関連する〃谿機↓血中脂質、7貪、な囲又はBMIの4つの項目すべてが有所見となった労働者を対象とした労災二次健康診断について、診断項目や保健指導の内容について説明します。
永田 寛彦
(合同会社エスアンドエイチ所長 労働衛生コンサルタント)
25名
(余裕あり)
15:00
〜
16:30
長時間残業を減らす取り組み -メンタルヘルス不調防止のために-
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
メンタルヘルス不調の原因の一つに長時間労働があります。メンタルヘルス対策を進める上で必要となる長時間残業を減らす取り組みについて、事例を上げながら、参加者のみなさんの会社で可能な取り組みについても一緒に考えます。
西尾 彰泰
(岐阜大学 保健管理センター 准教授)
25名
(余裕あり)
受けたい研修にチェックを入れて、「申込み」ボタンを押してください。

このページの先頭へ戻る


Copyright(c)Gifu Occupational Health Promotion Center All Rights Reserved.