現在位置:トップページ > 治療と職業生活の両立支援



ここから本文です

治療と職業生活の両立支援のご案内 

 


 
  反復・継続して治療が必要となる疾病を抱える方の中には、仕事上の理由で適切な治療を受けることができなかったり、疾病に対する自分自身の不十分な理解や職場の理解・支援体制不足により、治療と仕事を両立することが困難になったり、離職を余儀なくされたりする事例がみられます。また、多くの企業が疾病を抱えた従業員の対応に苦慮しているという現状もあります。

 岐阜産業保健総合支援センターでは、岐阜県内の事業場における治療と職業生活の両立のための取組や両立支援制度の導入等を支援するため、事業主、産業保健スタッフ(産業医・看護職・人事労務担当者等)及びがん等の患者(労働者)とその家族からの両立支援に関する様々な相談に、医師・看護師・保健師・社会保険労務士等の資格を持つ、相談員・促進員による無料相談を受付けています。

主なサービス

岐阜産業保健総合支援センターでは、両立支援促進員が職場における治療と仕事の両立支援を無料でお手伝いします。 相談(電話・面談)は、予約制です。
 相談日や相談内容等については、当センター  TEL 058-263-2311(平日9時から17時まで)へお問い合わせください。


利用申込書です。こちらからお願いします。

              両立支援申込(FAX申込書)はこちら

事業場からの要請に応じて個別訪問により支援を行っています。

 両立支援制度の導入に関する支援を希望する事業場等からの依頼等に応じて、事業場を訪問し、管理監督者や労働者に対する治療と職業生活の両立への理解を促す教育(管理監督者向け両立支援教育)を含め両立支援に関する制度の導入について支援を実施しています。

事業者啓発セミナーを行っています。

 平成282月に厚生労働省から示された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」等の普及・啓発を目的とした事業者等を対象とするセミナーを実施しています。


個別調整支援を行っています。

 両立支援促進員が、事業場に出向いて個別の患者(社員)に係る健康管理について、事業者と患者(社員)の間の仕事と治療の両立に関する調整支援を行い、両立支援プラン・職場復帰支援プランの作成を助言、支援しています。この支援は、患者(社員)又は患者(社員)から主治医の意見書が提出された企業担当者や産業保健スタッフ等からの申出により実施します。
支援の実施に当たっては、ご本人の同意が必要になります。

両立支援(出張)相談窓口を開設しています。

両立支援に関する(出張)相談窓口を開設しています。相談は無料です。詳細は以下のとおりですので、両立支援に関するお悩み等について、御相談ください。相談対応者は、岐阜産業保健総合支援センター 両立支援促進員です。
 なお、
相談内容
は、患者(労働者)に係る健康管理、就業上の配慮事項、両立支援を行うための職場環境整備(事業場内の体制づくり、規程・制度の整備等)への配慮等両立支援に関することになります。
 ただし、治療に関する御相談には対応できません。

 出張相談場所  開設日時   相談申込
岐阜市民病院
西診療棟3階
緩和医療科外来


原則 毎月 第3火曜日
 
13時から16時まで

平成30年度の開設予定日

4月17日、5月15日、619
7
月17日、8月21日、9月18
10
月16日、11月20日、12月18
1
月15
日、2月19日、3月19
岐阜産業保健総合支援センター
TEL 058-263-2311
平日9時から17時まで

岐阜市民病院
がん相談支援センター
TEL 058-251-1101(内線2236
平日
9時から1530分まで
岐阜大学医学部附属病院
がん患者サロン(北診療棟2階・化学療法室待合室隣り)
原則 毎月2回 木曜日
 13時から16時まで

平成30年度の開設予定日
第1四半期は、4月5日、4月19日、5月17日、5月31日、6月7日、6月21日
第2四半期は、7月5日、7月19日、8月2日、8月16日、9月6日、9月20日
第3四半期は、10月4日、10月18日、11月1日、11月15日、12月6日、12月20日
岐阜産業保健総合支援センター
TEL 058-263-2311
平日9時から17時まで
木沢記念病院
 患者相談室
随時開設
相談者の申込により、日時調整のうえ決定します。
岐阜産業保健総合支援センター
TEL 058-263-2311
平日9時から17時まで
岐阜県立多治見病院
 
随時開設
相談者の申込により、日時調整のうえ決定します。
岐阜産業保健総合支援センター
TEL 058-263-2311
平日9時から17時まで

岐阜県立多治見病院
TEL 0572-22-5311(代)
岐阜県総合医療センター
 
原則 毎月 第2火曜日
 13時から16時まで

平成30
年度の開設予定日

第2四半期は、7月10日、8月14日、9月11
第3四半期は、10月9日、11月13日、12月11
岐阜産業保健総合支援センター
TEL 058-263-2311
平日9時から17時まで

岐阜県総合医療センター
就労支援センター・がん相談支援センター
TEL 058-246-1111(代) 内線 2335
平日9時から17時まで
 高山赤十字病院 随時開設
相談者の申込により、日時調整のうえ決定します。
岐阜産業保健総合支援センター
TEL 058-263-2311
平日9時から17時まで


高山赤十字病院
がん相談支援センター
TEL 0577-32-1111(代) 内線 1203
平日10時から15時まで

情報提供・リンク集


 ▼ポータルサイト「治療と仕事の両立支援」(当機構本部)



「治療と職業生活の両立支援」とは、病気を抱えながらも、働く意欲・能力のある労働者が、仕事を理由として治療機会を逃すことなく、また、治療の必要性を理由として職業生活の継続を妨げられることなく、適切な治療を受けながら生き生きと働き続けられる社会を目指す取り組みです。


治療と就労の両立支援マニュアル(当機構本部)

 事業者・はたらく皆様へ new
治療と仕事の両立について相談できます!
~ 岐阜県地域両立支援推進チーム、治療と仕事の両立支援に関する相談先の御案内 ~

   御案内リーフレットはこちら

岐阜県地域両立支援推進チーム(事務局:岐阜労働局)は、治療と仕事の両立支援を効果的に進めるため、岐阜県下の労働局、自治体、関係団体等がネットワークを構築、連携を図り、その取組を推進するために設置された協議会です。各機関の取組状況の共有や取組に関する周知協力などについて協議を行います。 
「治療と仕事の両立支援ナビ」ポータルサイト

 

厚生労働省

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」
は、事業場が、がん、脳卒中などの反復・継続して治療が必要となる疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立できるようにするため、事業場における取組などをまとめたものです。
 
ガイドラインでは、職場における意識啓発のための研修や治療と職業生活を両立しやすい休暇制度・勤務制度の導入などの環境整備、治療と職業生活の両立支援の進め方に加え、特に「がん」について留意すべき事項をとりまとめています。
 

 ガイドラインのダウンロードは
こちら(厚生労働省HP)

このページの先頭へ戻る


Copyright(c)Gifu Occupational Health Promotion Center All Rights Reserved.